ロードバイクのことは、何でもお任せください

ロードバイクの不安や疑問・お悩みをサポート Q&Aコーナー

Q.楽しみにしていたロードバイク。これでいっぱいがんばるぞっ!と思ったら、「うそー、こんなに痛いの!?」。購入したショップで相談してみると、初めだから、慣れるまで仕方がないとのこと。慣れるもなにも、乗るのだって苦痛になってしまっているのに・・。本当に乗れるようになるんでしょうか。初心的な質問ですみません。アドバイス下さい。お願いします。

ロードバイクが初めての方に多いお尻の痛い症状には様々な要因があります。その一因としてライディングポジションが影響している場合もあるのですが、例えばハンドルが高くてサドルにどっかりと腰掛けているような場合は、長時間のライディングに伴い痛みが出てくることがあります。街乗りクロスバイクのようなポジションですね。

この時、痛いからと軟らかいサドルに交換しても必ずしも解決するとは限りません。また軟らかすぎるサドルはロードバイクには不向きです。腰を安定させづらいため、ペダリングに支障をきたします。少しくらいの痛みであれば、バイクに乗り続けることによりお尻の筋肉が発達していくにつれ徐々に解消していくケースもありますが、しかし、あまりにも痛い場合はサドルの交換をお勧めします。

この他にも考えられる原因として、ある程度乗車時間が経過してくると、足を回転させている関係からお尻の内側のサドルに接している部分が痛くなってくる場合もあります。これは一種の筋肉痛で、しばらく自転車に乗っていない方が経験するのと同じ症状です。これこそは慣れの問題。体力の向上とともにこの症状は改善していくものと思われます。

さて、今回のご質問がどのような原因によるものなのか、また詳しい痛みの症状もこちらではわかりかねますが、いろいろな要因を想定してアドバイスさせてもらいますと、ひとつの方法として穴あきサドルを使用することにより今回の痛みがすぐ解決するかもしれません。ただしこの場合、穴の内側の縁の部分の形状によっては逆にその部分で痛みが出ることもあるようですから、ご自分にあったモデルを探すことになります。穴あきモデルでは、クッション性がよいからとパッドの厚すぎるサドルは避けたほうがよいでしょう。

それと、冒頭述べたことにも関係してきますが、ライディングポジションをロード向きのフォームに改善していくことで、痛みを軽減させていくことができるかもしれません。ロードは腰を安定させて乗ることが基本。腹筋を少しづつ筋力アップさせることで上半身のバランスも保つことができます。

腹筋が弱いとどうしても前のめりになりやすく、それは背中が伸びた状態にもなりやすく、結果的にサドルにべたっと座り込むようなフォームになってしまいます。ハンドルを持つときに腕が伸びきった状態でハンドルを支えてはいないでしょうか。万一このようなフォームの時はお尻の痛みにもつながると思います。

ロードのフォームで意識することは、走行中は顎を上げない、背中を反らせない、膝は開きすぎない。これだけでずいぶんフォームが変わります。そして、おへそを軽く引っ込ませることで腰を安定させるフォームを意識してみてください(イメージとして背中を少しブリッジさせるような感覚と言えばわかりますか?)。サドルの高さにも注意しましょう。

また、根本的な問題として、サドル自体の形状が合わず痛みが発生しているのかもしれません。その場合は多くの選手が使っていると思われるモデルをお試しになられてはいかがでしょうか。完成車に最初から付いているサドルの場合、サイドのアールが極端に丸くなっていて座る面積が小さいサドルは痛みが大きいこともあるようです。

女性の方からよく同じような質問を受けるのですが、必ずご自分に合ったサドルがあると思います。いろいろと試す必要もあるかもしれませんが、皆さん解決して今は楽しんでロードに乗っていますから、快適なサドルで一日も早くストレスから開放されロードバイクを楽しむことができるよう私もお祈りしています。

ROAD BIKE SHOP AtticのSNS

ROAD BIKE SHOP アティック

アティックはロードを楽しむコミュニティショップ!

http://www.attic-bike.com/

このコンテンツが気に入ったら
シェアしてね!

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
関連コンテンツ
PAGE TOP