ロードバイクのことは、何でもお任せください

ロードバイクの不安や疑問・お悩みをサポート Q&Aコーナー

Q. シマノなどの有名実業団に入りたいと思っていますが、どうすれば入団できますか?今は16歳で、ロード歴3ヶ月。自転車が楽しくてしょうがありません。将来、海外の有名レースにでたいと思っています。

将来は海外で活躍するロード選手を目指しているんですね。とてもたのもしいです。

でもロード歴3ヶ月ということでまだ始めたばかり。これからいろいろと経験を積んで、そしてシマノなどの実業団チームに入るにはまず実績がなければなりません。全国大会で入賞するくらいの実力ならばレース会場でスカウトされるケースもあります。国体などでも大学のチームが高校生の走りをよく見ています。会場で声が掛かったりすることもありますね。

そうなるにはまだまだこれからですが、まずは一人で走っているよりも周りがレース活動をしている環境のほうがよいですね。今は16歳ということで高校生だと思いますが、学校に自転車競技部はありますか。学校に競技部がなければ近くのショップでレースに熱心な店主がやっているチームを探せばとよいと思います。そのチームに同じ年代の選手が居ればなおよいですね。

チームというものは不思議なもので、そのチームのカラーというものがあります。それはほとんどがそのチームの中心となっている人の意識が作り上げている感じがします。つまり同じ意識を持っている人達が集まるから、そこのチームのカラーというものが出来上がってくるんですね。

なぜこういう話をするかといえば、これから高い目標を持ってレース活動をしようとしている時に、入会したチームが自分とは違うカラー、つまり、目的も違うチームで、そのチームがあまりに異なる雰囲気を持っていたとしたらどうでしょう。

そのチームが大人だけのチームで、しかも競技意識が低くて、チーム練習をやっていたとしても、いつもサイクリングのような走りしかしないような練習会だったら一人で走っていたほうがよっぽどマシです。

誰でも最初から速く走れるわけではないですから、まず時間を掛けて体力を少しづつ上げていかなければなりません。物事には段階があります。実業団チームに入るには、向上してきた体力とともに活動レベルに応じていくつかのチームを経なければいけないかもしれませんね。その橋渡しをしっかりしてくれるチームをまず最初に選ぶべきです。

さて、先ほど「時間を掛けて」と言いましたが、これはけっこう大事なことです。目先の結果だけ求めて無理なトレーニングを続けていると、本来付けることのできる体力がある一定レベルで止まってしまいます。個人差がありますから深くは追求しませんが、高校の競技部の場合は最初に頑張りすぎて早い段階で潰れてしまう選手もいますから、もしそういう環境ならば気をつけなければなりません。

以前、実業団時代に同じチームで活動していた市川選手がこういう話をしていました。彼は高校時代はショップチームに在籍していたようですが、そこの店主から、強くなりたいならとにかくできるだけ長い時間自転車に乗れと最初は言われていたそうです。強度は上げずにですね。大学に進学してからめきめき頭角を現し、その後日本のレースを席巻しヨーロッパに渡った彼の走りも、最初のそのアドバイスが間違っていたならあれほどの活躍はなかったかもしれません。

自分が将来どういう活動をしていきたいか、今からその青写真が描けるならば、まず最初にチーム選びをしっかりしたほうがよいですね。適切なアドバイスをしてくれるチームに巡り会えるよう祈っています。頑張ってださい。

そして高いレベルを目指す時も楽しくなければ続けることはできませんから、目標は高くしつつも一生懸命遊ぶつもりで今後もロードバイクを目いっぱい楽しんでください。

ROAD BIKE SHOP AtticのSNS

ROAD BIKE SHOP アティック

アティックはロードを楽しむコミュニティショップ!

http://www.attic-bike.com/

このコンテンツが気に入ったら
シェアしてね!

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
関連コンテンツ
PAGE TOP