ロードバイクのことは、何でもお任せください

メンテナンス教室 ブレーキ系統の調整方法

ハンドルまわりの調整方法

ここではブレーキ装着に伴う調整方法についてご紹介します。キャリパー式ブレーキは、フレームの精度によってはブレーキシューがリムに対して平行に取り付けられないケースもありますが、その場合、ブレーキシューの取り付け角度によってはそれが音鳴りの原因となることもあります。角度調整機能が付いているモデルではブレーキシューの傾きを調整してください。

1. ブレーキキャリパーの取り付け

まず、フレームに取り付ける前に、アームに貼られているキズ防止のシールを剥がしておきましょう。
最初はぐらつかない程度に仮止め状態にしておきます。このとき両側のブレーキシューをリムに押し当てた状態で行いますが、ここではまだワイヤーを通さないため手で保持しながら仮止めします。後々の作業をスムーズに進めるために、キャリパーのセンター出しが必要なためこのように操作します。

ブレーキシューがリムに当たらないほど下側にずれている場合は適当な位置にシューを移動させ仮止めしておきます。

ANCHORバイク通年キャンペーン開催中!

  • ポイント その1

    ワイヤーをセットしたあとに本締めする際には、片利きを防止させるためにブレーキレバーを握った状態で行い、緩める時も同じくレバーを握ってキャリパーを固定させた状態で行います。この操作方法はスプリングへのダメージも軽減させ、キャリパーのへたりを防ぐという点でもブレーキをメンテする時はいつもこのように操作したほうがよいですね。

2. ワイヤーを装着します

インナーケーブルの固定ネジを緩めていっきに挿入し、ここでも仮止め状態にしておきます。
仮止めする前に、インナーの頭がレバーのブラケットにしっかりセットされているか、プライヤーなどでインナーを引っ張りながら何度かレバーを握ってみてレバーの遊びがないかどうかを確認してみてください。
ここではまだインナーケーブルの出しろの長さは調節しません。作業に支障があるようなら適当な長さにカットします。

ステムを仮止めします

【ワンポイントアドバイス】

  • ポイント その1

    写真はリアブレーキのワイヤー装着写真ですが、もしNewフレームから組む場合にフォークコラムをまだカットしていないフレームの場合は、ここではまだリアのワイヤーは装着させません。ヘッドセットの形状に起因するコラムカットがさらに生じた場合、リアブレーキにワイヤーが装着された状態では作業しづらいからです。
    コラムをカットして、ヘッドセットの調整を終えフロントブレーキをまずセットしてからガタのないことを確認したうえで、リアブレーキをセットします。フロントブレーキのワイヤー処理もヘッドセットの調整を終えてから行うようにします。

3. ブレーキシューの位置を合わせます

リムのブレーキ摺動面に対して高すぎず低すぎず、リムの摺動面積によって装着位置を決めます。ただし、エッジとの間隔を必ず1mm以上確保してください。リムの摺動面積が広い場合はブレーキシューが真ん中からやや上にくるようセットします。

ブレーキシューはトーインをつけると音鳴り防止と制動能力が増しますが、調整に時間が掛かるためリムに対して平行となるように取り付けても問題ありません。トーインをつける場合は前側に対して後ろ側に0.5mmほど傾きを付けてセットします。

トーインをつけない普通の作業では、ブレーキレバーを握った状態のまま、一旦シューの固定ボルトを緩めてから締めなおすと作業が楽です。シューを仮止め状態でレバーを離して本締めします。

そして、片側を終えてからもう一方を本締めする前に、キャリパーに向かって一度両側を同時に手でリムに押し当ててみて左右のシューが同じ位置にくるかを確認してみましょう。ずれているようなら再調整です。

STIレバー取り付け後にブレーキワイヤーを装着します

【ワンポイントアドバイス】

  • ポイント その1

    キャリパーブレーキは徐々に音鳴りが発生する場合があります。多くはリムが削れたアルミ片が付着していることが原因。特に雨中走行後はブレーキシューの減り方も早く音鳴りの発生率も高くなります。

  • ポイント その2

    音鳴りの時は、一度ブレーキゴムを点検してみてください。もしアルミの切削片が付着していてそれを取り除いても音鳴りが消えない場合は、ゴムの劣化が原因です。トーイン(真上から見て前方に八の字型)にセットすれば消えると思いますが、硬くなったゴムは制動力にも影響が出てきますから、使用年数によっては早めに交換したほうが無難です。

  • ポイント その3

    カーボンリムのブレーキシュー位置合わせは、リムの上端から3mm以上の間隔を設けます。

4. ブレーキシューのクリアランス調整

ブレーキシューをセットし終えたら、キャリパーの固定ボルトを一旦緩めたあとに締め直してキャリパーを完全に固定します。その後、左右のクリアランスが均一になるように、正確に言うと、同時にシューがリムに触れるようにブレーキキャリパーの調整ネジでアジャストします。キャリパーに向かって、ネジを時計方向に締めるとシューが右側に移動します。フロントもリアも同じです。

ブレーキシューのクリアランス調整

【ワンポイントアドバイス】

  • ポイント その1

    シューのクリアランス調整はホイールがフレームのセンターに対し真っすぐ装着されていることが前提です。車体を垂直にして、目測でタイヤの両端部分のクリアランスがフォークや左右のチェーンステーに対し均等になっているかを確認してみましょう。エンドの精度によってはどちらかに傾く場合もありますがその時はハブのクイックレリーズを一旦緩め、傾いているほうをちょっと押してあげてセンターを出してまた締めます。締める時はクイックレバーの位置が変わると締め付けの固さが変わりますから気をつけましょう。傾いたままだと走行抵抗に影響が出ますので必ず修正します。

  • ポイント その2

    キャリパーの調整ネジは、廉価モデルの場合、プラスドライバーを使う場合はドライバーのサイズが合っていないとネジの頭をつぶしたりしますから気をつけてください。

5. インナーケーブルの出しろ調整

「ハンドルまわりの調整方法」の7番に載っているワイヤーのなじみ出しを終えてからインナーケーブルを本締め後に適当な長さで切断しますが、あらかじめ目安となるものを決めておいてもいいかもしれません。キャリパーを開くクイックレバーは開けておいたほうが作業がしやすいです。

インナーを切断する際は、ほつれないよう切断する箇所にテープを巻いておくと安心ですね。一旦切断したあとに長さを再調整するときなども、テープを巻いておかないと細かいワイヤーが床に散らばって大変です。長さを微調整する場合は先端をテープで覆ってから切ると後処理が楽です。

インナーケーブルの出しろ調整

【ワンポイントアドバイス】

  • ポイント その1

    インナーケーブルを本締めする際は、廉価モデルの完成車にセットされている台湾製のブレーキの場合、締め付けトルクが高すぎるとネジが簡単になめてしまうケースがあります。こちらのブレーキをメンテナンスする際は十分に気をつけて作業してください。

6. ブレーキタッチの調整

ブレーキレバーを握った時の感覚は浅めがいいか深めがいいか、好みのタッチにこのネジで微調整します。ブレーキシューが磨耗してブレーキングの感覚が変わってきた時もここで調節します。

STIレバー取り付け後にブレーキワイヤーを装着します

7. エンドキャップの取り付け

インナーケーブルがほつれないようエンドキャップを取り付けて終了です。

ワイヤーのなじみ出しをしておきましょう

ROAD BIKE SHOP AtticのSNS

ROAD BIKE SHOP アティック

アティックはロードを楽しむコミュニティショップ!

https://www.attic-bike.com/

このコンテンツが気に入ったら
シェアしてね!

  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
関連コンテンツ
PAGE TOP